雑貨デザイナーShinzi Katohの公式ホームページです。Shinzi Katoh Designは、様々な雑貨デザインに加え、企画、絵本制作を行っています。

qrcode.png
http://www.shinzikatoh.com/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 
<<営業日カレンダー>>
土日祝は休業いたします。
 
01393762
 

絵本

 

絵本制作

絵本制作
 
Shinzi Katohのライフワークとしての絵本制作。
これまでに手掛けた絵本は30点を超えました。
作から絵までを全て制作するのがShinzi Katohのスタイルですが、稀にイラストだけ、さらに稀に文章だけという依頼も舞い込んできます。
 
 

絵本 あこがれのチュチュ

絵本 あこがれのチュチュ
 
2017年6月7日に出版ワークスより出版されました!
ISBN978-4-907108-07-6
 
「あこがれのチュチュ」の情報サイトができました☆
まるかとおはぎが出迎えてくれる、とっても可愛いHPになっています♪
サンプルページもありますので是非チェックしてみてくださいね~^^
 
 
----------------あらすじ--------------------------------------------------------------------
バレリーナを夢みる少女、まるかの不思議体験物語。明日はおねえちゃんのバレエの発表会。
一緒に発表会に出たいまるかは、夜に家を抜け出すおねえちゃんを追いかけます。
そこでは、コッペリア、はくちょう、くるみわりにんぎょうが踊っていて・・・・・・。
実際の舞台を見るような観音開きの仕掛け付き。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 

絵本 ~そらべあ はじめての だいぼうけん~

絵本 ~そらべあ はじめての だいぼうけん~
 
2014年4月に岩崎書店より出版されました。
北極を舞台にした、ホッキョクグマの兄弟「そら」と「べあ」の冒険物語。
地球環境をテーマにしながらも、ほんわかした兄弟が織りなす、
地球にもココロにも優しいお話のはじまり、はじまり。
---------------- あらすじ------------------------------------------------------------------------------------- 
ここは とおく きたにある、こおりの くに。
ホッキョクグマの きょうだい、おとうとの 
「そら」と
おにいちゃんの 「べあ」は、 はなればなれになった おかあさんを さがしています。
そんな たびの とちゅう、そらは べあと 
はぐれてしまい……。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
   
台湾版『そらべあ』
   
台湾版『そらべあ』
 
   
韓国版『そらべあ』
   
韓国版『そらべあ』
2015年12月に「そらべあ はじめての だいぼうけん」が台湾と韓国で翻訳出版されました。
台湾版と韓国版の2種類が出版され、韓国版は表紙のデザイン、表紙裏のデザインなども異なります。
 
地球温暖化を考えること、そらべあのことが、世界中に広まっています!
 

絵本 ~なにかな?なにかな?~

絵本 ~なにかな?なにかな?~
 
2009年11月にコクヨS&Tより出版されました。
絵本を通してもっと楽しい「いっしょ」の時間を提供する、親子のための工作絵本シリーズ。
コクヨ絵本 WORK×CREATEシリーズ「なにかな?なにかな?」は、2014年4月に4回目、同年7月に5回目の増刷になるほど人気のクリエイトBOOKです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
お子様の成長を応援するクリエイトBOOK「なにかな?なにかな?」
シールを貼って、オリジナルの動物や植物をつくってみよう!
付属のシールをペタペタ貼ると…
おやおや?動物の顔ができちゃった!!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------  
 

絵本 ~いつか、会いにいくよ~

絵本 ~いつか、会いにいくよ~
 
2008年3月に講談社より出版されました。
”自分が大切にされている”と実感できれば誰だって、あったかい気持ちになります。
ぬいぐるみだって同じかもしれません。
物があふれる時代だからこそ、「物を慈しむ気持ち」を育みたいですね。
日本図書館協会選定図書にも選ばれた、Shinzi Katohの人気シリーズの絵本です。
-----------あらすじ--------------------------------------------------------------------------------------------
女の子と捨てられたぬいぐるみたちの
せつなくて、あったかい…じんわりしみこむストーリー
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

絵本 ~月夜の晩に クルリ クルリ オペラグラスがまわった~

絵本 ~月夜の晩に クルリ クルリ オペラグラスがまわった~
 
1999年にパンプキン出版より出版されました。
Shinzi Katohのやさしさがたくさんこもった一冊。
イラストとメッセージの一つ一つが、ふんわりとあなたの心をあたたかく包み込んでくれます。
-----------プロローグ-----------------------------------------------------------------------------------------
 つい先日 とある喫茶店で 僕がまだクマだった頃の友人に逢いました
「最近何かオモシロイ事ありますか?」
「そういえば私がまだシロツメ草だった頃の
友人が毛並の美しいシャム猫になって
どこかへ旅立って行ったわ」
…世の中はこんなとりとめもない不可思議な出来事で満々ているのです 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 

絵本学研(しかけ絵本)

絵本学研(しかけ絵本)
 
        おはなしファンファンシリーズ
 

イラスト ~そらべあ~

イラスト ~そらべあ~
 
2006年11月にソニー・マガジンズより出版されました。
そらべあについて、地球温暖化について書かれている絵本です。
-----------あらすじ-----------------------------------------------------------------------------------------
ホッキョクグマの兄弟「そら」と「べあ」はとても悲しいのです。
知らないうちに自分たちをとりまく自然が変化し、おかあさんグマと離ればなれになってしまったのです…。
この絵本は、地球のあらゆる生命に被害をもたらす温暖化の深刻さを、たくさんの方に伝えるために生まれました。
みなさんも”そらべあ”とともに。地球と生命の未来を守るたびにでかけてみませんか!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

イラスト ~あらしのよるのばんごはん~

イラスト ~あらしのよるのばんごはん~
 
2008年11月にポプラ社より出版されました。
【長崎夏海・作 Shinzi Katoh・絵
ポプラちいさなおはなし24】
-----------あらすじ-----------------------------------------------------------------------------------------
ひっこしてきた みなみの しまには、 はじめて みる ものが いっぱい。 
びっくりする ことが いっぱい。
 
そんな 「はじめて」と「びっくり」に かこまれた よる、しまに、
おおきな あらしが やってきました……。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

エッセイ ~向上~

エッセイ ~向上~
 
向上 No.1184
向上 No.1184
2010年10月に財団法人 修養団(SYD)より出版されました。
 
『随想 役割を果たす』をテーマに
 
「一粒の夢の種」
 
と題して、エッセイが掲載されています。